投稿先 未分類

法人印は様々な状況で利用する

新事業をこれからスタートしていこうとする時、オフィスの賃貸契約で印鑑を使うことがあります。賃貸契約において必要な書類へ押印する印鑑であったり、印鑑証明において確認していきます。また連体保証人について気にしてしまうケースも多いです。
 
基本的に賃貸契約では代表印といわれる、法人印と事前に登録している印鑑証明書で設定した印鑑を要求されます。また家賃を支払う際に使用する銀行印も、必要不可欠な法人印となっています。認印で契約が成立していくので、決して忘れてはいけません。
 
ただし提供する不動産会社では、契約していくために証明する印鑑として、実印であったり印鑑証明書を一緒につけて送ってほしいと求めてくるケースもあります。さらに家賃を自分の銀行口座から引落ししていく際には、必ず銀行印も必要になるので注意しなければなりません。
 
法人印は、代表印をはじめ、銀行印、角印、割り印の4本を指します。これに小切手用のゴム印もあれば、不自由はありません。基本的に、法人印はこれらすべてがセットで販売されています。素材や手彫りにこだわるなら、専門店が良いですが、最近ではネット通販でも充分に質の良いものが販売されています。値段もネット通販の方がお得だったりします。

投稿先 未分類

印鑑のサイズ

印鑑の直径を見ていくと、微妙に大きさが異なっていることもあります。一般的な印鑑のサイズは、並べていくと色々とあるのに気づきます。例えば小さい印鑑であれば9ミリであったり、大きいと18ミリ以上あるます。いずれも活用できる印鑑ですが、これらのサイズの基準は尺貫法に基づいて決まっています。尺貫法というのは中国が起源といわれていますが、主に日本など東アジア圏で利用されている単位となっています。名称自体は日本で生まれたものですが、印鑑の基準として利用しています。
 
印鑑の長さを見ていくと、およそ6センチです。これには理由があり、日本で利用されていた長さの単位となっている、寸が基準になっています。基本的に1寸は30ミリとなっていますので、60ミリだと2寸になります。
 
これは時代が変わる毎に長さが変わることもありました。基本的に流行によって変わっていましたが、1寸2分という36ミリほどの丈になっていたり、1寸5分という45ミリなどの短い印鑑が流行している時期もありました。しかし現在は60ミリが一般的となっていますが、子供や赤ちゃん用として45ミリの印鑑を作る人も少なくありません。そこで注意したいのが印鑑ケースで、しっかり選ばないと入らなくなってしまいます。

投稿先 未分類

実印の意味合い

企業が事業を行っていくうえで必要なのが法人印です。企業を印鑑によって証明していきますが、意志証明でも活用される印鑑です。法人印は基本的に4種類あり、代表印は主に契約であったり、主要な取引などを行おうとする時に大切な役割を持っています。法人が持つ印鑑の中で、最も大切なものとなります。
 
市区町村へ事前に登録を行っているのが代表印で、法律もしくは社会で権利であったり義務の発生を伴っていく際に役立ちます。さらに法的な効力も持っているので、決してなくしてはいけません。印鑑登録を行う事により、契約時に効果をもたらします。しかし印鑑登録を行っていない印鑑だと、実印として認められていません。印鑑証明書は全国各地に点在する市区町村の役場にありますので、大切な書類と考えていていいでしょう。
 
そんな中で色々な印鑑を見つけることができます。いずれも実印として代表印になるかというと、全てが認められていません。実印として市区町村で登録することができる印鑑は、規定によって決まります。規定が異なることもありますが、大半は直径が8ミリ以上で、25ミリ以下となっています。欠損している部分がないかチェックしていき、法人名がしっかりと表示されれば問題ありません。事前に確認して購入しましょう。

投稿先 未分類

色々な印鑑の種類

実用的なアイテムの一つに印鑑がありますが、使用用途や種類を間違えるとトラブルの一つになってしまいます。あらかじめ種類をしっかりと把握しなければならないので、分からない時にはお店の人に聞きながら選んでいくようにしましょう。主な印鑑の種類として、実印や銀行印そして認印などがあります。使用目的や用途で判断しなければならないので、内容を理解しておかなければなりません。価格も高めにそれぞれ設定されているので、あらかじめ相場を理解することも必要です。
 
まずは実印ですが、市区町村の役所などに印鑑登録をあらかじめ済ませる必要があります。個々で利用するのが実印で、印鑑証明で使用されているものとなっています。これは数本認められるものでなく、1人につき1本だけ実印は認められています。また同じ実印を2人以上登録させることができないようになっていますので、家族であろうと夫婦であろうと別の実印になります。金融機関へローンなどを申し込む時などで利用しますので、重要な役割を持っています。また、企業の代表印である法人印も、同じ役割を持つ実印のひとつです。
 
銀行印は金融機関で契約を行う時などで利用しますが、銀行などに登録することによって口座開設や証券などを契約する際に活用されます。一般には名字で利用することが多いですが、フルネームで彫られることが多いです。最後の認印や仕事印は事務などで契約書などを押印する際に利用されます。インクがあらかじめ入っている印鑑は認められないため、朱肉を付けた印鑑を利用すると考えておいていいでしょう。