• 色々な印鑑の種類

    実用的なアイテムの一つに印鑑がありますが、使用用途や種類を間違えるとトラブルの一つになってしまいます。あらかじめ種類をしっかりと把握しなければならないので、分からない時にはお店の人に聞きながら選んでいくようにしましょう。主な印鑑の種類として、実印や銀行印そして認印などがあります。使用目的や用途で判断しなければならないので、内容を理解しておかなければなりません。価格も高めにそれぞれ設定されているので、あらかじめ相場を理解することも必要です。
     
    まずは実印ですが、市区町村の役所などに印鑑登録をあらかじめ済ませる必要があります。個々で利用するのが実印で、印鑑証明で使用されているものとなっています。これは数本認められるものでなく、1人につき1本だけ実印は認められています。また同じ実印を2人以上登録させることができないようになっていますので、家族であろうと夫婦であろうと別の実印になります。金融機関へローンなどを申し込む時などで利用しますので、重要な役割を持っています。また、企業の代表印である法人印も、同じ役割を持つ実印のひとつです。
     
    銀行印は金融機関で契約を行う時などで利用しますが、銀行などに登録することによって口座開設や証券などを契約する際に活用されます。一般には名字で利用することが多いですが、フルネームで彫られることが多いです。最後の認印や仕事印は事務などで契約書などを押印する際に利用されます。インクがあらかじめ入っている印鑑は認められないため、朱肉を付けた印鑑を利用すると考えておいていいでしょう。

    カテゴリー: 未分類

    コメント欄は現在閉じています。