• 実印の意味合い

    企業が事業を行っていくうえで必要なのが法人印です。企業を印鑑によって証明していきますが、意志証明でも活用される印鑑です。法人印は基本的に4種類あり、代表印は主に契約であったり、主要な取引などを行おうとする時に大切な役割を持っています。法人が持つ印鑑の中で、最も大切なものとなります。
     
    市区町村へ事前に登録を行っているのが代表印で、法律もしくは社会で権利であったり義務の発生を伴っていく際に役立ちます。さらに法的な効力も持っているので、決してなくしてはいけません。印鑑登録を行う事により、契約時に効果をもたらします。しかし印鑑登録を行っていない印鑑だと、実印として認められていません。印鑑証明書は全国各地に点在する市区町村の役場にありますので、大切な書類と考えていていいでしょう。
     
    そんな中で色々な印鑑を見つけることができます。いずれも実印として代表印になるかというと、全てが認められていません。実印として市区町村で登録することができる印鑑は、規定によって決まります。規定が異なることもありますが、大半は直径が8ミリ以上で、25ミリ以下となっています。欠損している部分がないかチェックしていき、法人名がしっかりと表示されれば問題ありません。事前に確認して購入しましょう。

    カテゴリー: 未分類

    コメント欄は現在閉じています。