• 印鑑のサイズ

    印鑑の直径を見ていくと、微妙に大きさが異なっていることもあります。一般的な印鑑のサイズは、並べていくと色々とあるのに気づきます。例えば小さい印鑑であれば9ミリであったり、大きいと18ミリ以上あるます。いずれも活用できる印鑑ですが、これらのサイズの基準は尺貫法に基づいて決まっています。尺貫法というのは中国が起源といわれていますが、主に日本など東アジア圏で利用されている単位となっています。名称自体は日本で生まれたものですが、印鑑の基準として利用しています。
     
    印鑑の長さを見ていくと、およそ6センチです。これには理由があり、日本で利用されていた長さの単位となっている、寸が基準になっています。基本的に1寸は30ミリとなっていますので、60ミリだと2寸になります。
     
    これは時代が変わる毎に長さが変わることもありました。基本的に流行によって変わっていましたが、1寸2分という36ミリほどの丈になっていたり、1寸5分という45ミリなどの短い印鑑が流行している時期もありました。しかし現在は60ミリが一般的となっていますが、子供や赤ちゃん用として45ミリの印鑑を作る人も少なくありません。そこで注意したいのが印鑑ケースで、しっかり選ばないと入らなくなってしまいます。

    カテゴリー: 未分類

    コメント欄は現在閉じています。